幸せ占い生活

新横浜の占い「星の小部屋」のブログです。
運命は変えられるものです。運は強くできるものです。
占いであなたの未来を幸せにしましょう。

Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Comment
Archive
Profile
Mobile
qrcode
Search
<< 鹿島神宮の稲荷社 | main | 龗神社 >>
■□ 五穀発祥神話
鹿島神宮の稲荷社の続きです。

五穀発祥神話についてご説明したいと思います。
まずは古事記バージョンです。

古事記では、天岩戸隠れの後、八岐大蛇の退治の前です。

高天原を追われたスサノオは、

食事の神のオオゲツヒメのところに行き、食べ物を求めました。

オオゲツヒメは、鼻、口、お尻から食べ物を出し、

調理してきれいに盛りつけてスサノオに差し出しました。

しかしスサノオは汚物を食わせるのかと怒り、

オオゲツヒメを斬り殺してしまいました。

すると、オオゲツヒメの頭から蚕、目から稲、耳から粟、鼻から小豆、

陰部から麦、お尻から大豆が生まれました。

カミムスビがこれらを取って種としました。

五穀(古事記では稲、粟、小豆、麦、大豆)は

オオゲツヒメの死によってもたらされました。

つづいて日本書紀バージョンです。

日本書紀では、神生みで登場します。

アマテラスはツクヨミに、地上世界にいる

保食神(うけもちのかみ)という神を見てくるよう命じました。

ツクヨミが保食神のところへ行くと、

保食神は、口から米飯、海を向いて口から魚、山を向いて口から獣を吐き出し、

それらでツクヨミをもてなしました。

しかしツクヨミは吐き出したものを食べさせるとは汚らわしいと怒り、

保食神を斬ってしまいました。

それを聞いたアマテラスは怒り、

もうツクヨミとは会いたくないと言い、

それで太陽と月は昼と夜とに別れて出るようになりました。

アマテラスが保食神の所にアメノクマヒトを遣すと、

保食神は死んでいました。

保食神の屍体の頭から牛、馬、額から粟、

眉から蚕、目から稗、腹から稲、

陰部から麦、大豆、小豆が生まれました。

アメノクマヒトがこれらを全て持ち帰ると、

アマテラスは喜び、これらを田畑の種としました。

五穀(日本書紀では、粟、稗、稲、麦、豆)は、

保食神の死によってもたらされました。

神々の名前の漢字表記はいろいろあるので、ここではカタカナで表記します。

インドネシアのセラム島に住むヴェマーレ族に伝わる

「ハイヌウェレ神話」という

殺されたハイヌウェレという女性の死体から芋が生まれたとする神話があり、

このような殺された神の死体から作物が生まれたとするものは

ハイヌウェレ神話型とされます。

龗神社に続きます。


新横浜の占い ★ 星の小部屋 ★
http://hoshinokobeya.com/
完全予約制 個室鑑定 占い2,000円〜
| 神話 | comments(0) |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex