幸せ占い生活

新横浜の占い「星の小部屋」のブログです。
運命は変えられるものです。運は強くできるものです。
占いであなたの未来を幸せにしましょう。

Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Comment
Archive
Profile
Mobile
qrcode
Search
<< 「博多もつ鍋 やまや」 | main | 新横浜ラーメン博物館ドイツフェア >>
■□ 謙虚さ
今日、二人のお客様と謙虚さみたいなことの話をして、

いい機会なので、このブログにも書いておこうと思います。
私は、自分を過少評価しているような謙虚さは

まったく必要ないものだと思います。

謙虚になっていいことってありますか?

謙虚になると人に好かれるというならば、

人に好かれるということも、私には意味のないことだと思います。

そして、人に好かれようとしている自覚のある謙虚さは、

人に不快感を与えて、人から嫌わらると思います。

営業職や芸能人のような人に好かれなければならない職業の方には

謙虚さが必要かもしれませんが、それは営業的謙虚さで、

どちらかというとあざとさに近いものだと思います。

ノーベル医学・生理学賞を受賞した大村智教授は、受賞の時に

「私の仕事は微生物の力を借りているだけ。

私自身が偉いものを考えたり、難しいことをやったりしたわけではなくて、

すべて微生物がやっていることを勉強させていただいたりしながら

本日まで来ている。

そういう意味で本当に私がこんな賞をいただいていいのかなと思います。」


とおっしゃっていました。

これは、自覚のない、あざとくない謙虚さで、

この謙虚さを不快に思う人は誰一人いないと思います。

でも、大村教授のような精神レベルには、

普通の人は一生かかっても到達できないと思います。

普通は、謙虚さ→自己否定→ネガティブな流れ

という風になっていくと思います。

私は以前、占い師になる前に、外資系のIT企業に勤めていて、

その時に中国人の採用を担当したことがあったのですが、

「コンニチハ」と「アリガトウゴザイマス」しか言えないような人でも

みんな「ニホンゴ、ハナセマス」と言っていました。

それはひどい例ですが、でも、社会で仕事をして生きていくには、

それくらい自己評価を高くしていいと思います。

免許が必要な仕事で、その免許を持っていると嘘をつくようなことは

してはいけませんが、

嘘にならない程度に自分を過大評価することも時には必要だと思います。

過大評価→自己肯定→ポジティブな流れ

という風になっていくと思います。


新横浜の占い ★ 星の小部屋 ★
http://hoshinokobeya.com/
完全予約制 個室鑑定 占い2,000円〜
| 心理学 | comments(0) |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex